韓非子

中国の古典ばかり集めてみました。三国志から水滸伝・・・司馬遷・・・色々。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

『三国志』を読む (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
日中両国でいまも書きつがれ,読みつがれている“三国志”の物語.その原点である正史『三国志』をひもとき,曹操,劉備,孫権らそれぞれの伝記の史実のなかに,英雄たちの真の姿を読む.『三国志』と『三国志演義』の両方を訳し,平明な語り口に定評のある著者が歴史の醍醐味と物語のおもしろさを存分に語る.

内容(「BOOK」データベースより)
三国蜀に生まれた陳寿の手になる正史『三国志』は、書かれた当時から高く評価され、「近世の嘉史」とも称された。この正史をひもとき、乱世の三英雄、曹操・劉備・孫権それぞれの伝記の史実のなかに、英雄たちの真の姿を読む。『三国志』と『三国志演義』の両方を訳し、平明な語り口に定評のある著者が歴史の醍醐味と物語のおもしろさを存分に語る。

戦国策 (新書)

出版社からの内容紹介
戦国時代に活躍した遊説家たちの言論活動や知略について述べた歴史書。秦・斉・楚・韓・魏・趙・燕・東周・西周・宋・衛・中山の十二か国ごとに構成。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
紀元前六年ごろに成った『戦国策』は、戦国時代に活躍した遊説家たちの言論活動や知略について述べた歴史書である。秦・斉・楚・韓・魏・趙・燕・東周・西周・宋・衛・中山の十二か国ごとに構成している。格言・名言も多く「百里を行く者は、九十を半ばとす」「蛇足を為る」「禍いを転じて福と為す」「虎の威を借る狐」などはよく知られている。

詩経 (新書)

出版社からの内容紹介
『詩経』は殷から春秋時代までの詩・歌謡三百余篇を採録。中国最古の韻文集として当時の民族・風習を伝える資料ともなっている。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
殷から春秋時代までの詩・歌謡三百余篇を採録した『詩経』は、民謡・宴会の歌・戦いの歌・祭りの歌などを扱っている。喜びにつけ悲しみにつけ、素朴な表現の中に新鮮な感動が力強く表現された作品が多く、また中国最古の韻文集として当時の民族・風習を伝える資料ともなっているものである。

水滸伝 (4) ちくま文庫 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
晁蓋・宋江を中心にして梁山泊に続々と集まる好漢たち。彼らはいずれも各地で何らかの罪を得つつもこの世に義の旗を掲げんと志している。しかし、奸臣多き朝廷は彼らを制圧せんと名将呼延灼指揮する討伐軍を送る。各地で官軍と梁山泊軍の激戦が続く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
駒田 信二
1914‐1994年。三重県生まれ。作家、文芸評論家、中国文学者。長年、早稲田大学客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

日本漢詩 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
文字記録以前から、我が国は大陸と交渉をもっている。その中の最大の出来事は「漢字」の伝来である。文字の獲得とともに遣隋使・遣唐使の二十数回の派遣は、我が国の中国文化の影響を決定的にした。以後、教養の第一は漢文学である。知識人は漢詩もよく作った。本書は日本漢詩の流れを、第一期奈良・平安時代、第二期鎌倉・室町時代、第三期江戸時代、第四期明治維新以降としてとらえる。

内容(「MARC」データベースより)
「漢字」の伝来をはじめ古代から中国文化の影響をうけた日本。遣唐使の派遣以後、教養の第一は漢文学であり、知識人は漢詩も作った。日本漢詩の流れを時代ごとに紹介。書き下し文と解説・背景説明を加える。96年刊の新版。

陶淵明全集〈下〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「帰りなんいざ、田園まさに蕪れなんとす」の一句を思いうかべる陶淵明は、酒を愛したのんきな田園詩人。そんなイメージからはかけ離れた複雑な振幅を持った全作品の原文・注・現代語訳を掲載。

陶淵明全集〈上〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「帰りなんいざ、田園まさに蕪れなんとす」の一句を思いうかべる陶淵明は、酒を愛したのんきな田園詩人。そんなイメージからはかけ離れた複雑な振幅を持った全作品の原文・注・現代語訳を掲載。

完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「左伝」等、日本の教養の根幹であった中国古典24篇を取り上げ、テーマに即しながら、その内容を紹介する。1984~85年刊「中国古典の人間学 正・続」を合本し、見直し、書き加え、修正をしたもの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
守屋 洋
著述業(中国文学者)。昭和7年、宮城県生まれ。東京都立大学中国文学科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

陶淵明全集〈上〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「帰りなんいざ、田園まさに蕪れなんとす」の一句を思いうかべる陶淵明は、酒を愛したのんきな田園詩人。そんなイメージからはかけ離れた複雑な振幅を持った全作品の原文・注・現代語訳を掲載。

中国古典を読むために―中国語学史講義 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
中国古典を読むための確かな座標。著者の語り口は、明快で知見に富み、こくのある読み物となっている。

内容(「MARC」データベースより)
著者が、倉石武四郎の「中国小学史」を紛本として、早稲田大学で講述したものをまとめたもの。著者の語り口は、明快で知見に富み、こくのある読み物となって、中国古典を読むための確かな視座を与えてくれる。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [美容外科] [高収入バイト情報] [アキバ中毒のページ] [東京ぶらぶら] [電子たばこ] [GOGO!江戸川区!] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [ハロー!江東区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ]
[ロマンス天国] [苛立ちを抑えて]

oooハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo 千葉の事。ooo フード、ドリンク.コレクションooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo 国家の要!千代田区ooo リネージュIIクロニクル4ooo 100均より安いooo 墨田区紀行ooo オーガニック千葉A GO GO!ooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo 天国的お魚の道@千葉ooo ガシャポン戦死!ooo 千葉の酒蔵ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo AV・カメラ・PCooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 荒川区の情報を調べる会ooo 台東紀行ooo 千葉県の自然ooo